解決事例

当事務所が依頼を受けて解決した事例を一部ご紹介します。

事件類型 交通事故
解決時期 平成29年9月
事例の紹介  自営業を営む被害者(50代)は自動車を運転して赤信号で停止中に加害車両に衝突され、後遺障害等級14級が認定されました。
 加害者保険会社は当初約166万円の損害賠償金の支払いを提示しましたが、当事務所が依頼を受けて紛争処理センターに示談斡旋を申し立てて争い、最終的に約422万円で和解しました。
お客様の声        
事件類型 交通事故
解決時期 平成29年7月
事例の紹介  被害者(60代)は道路を横断中に自動車に衝突されて亡くなりました。
 加害者保険会社は当初約3900万円の損害賠償金の支払いを提示しましたが、示談せずに裁判をし、最終的に5200万円で和解しました。
事件類型 交通事故
解決時期 平成29年5月
事例の紹介  被害者(30代)は自動車を運転中、一時停止標識を無視して交差点に進入してきた加害車両に衝突されました。
 後遺障害は非該当で、休業損害が争点でした。
 加害者保険会社は当初約68万円の損害賠償金の支払いを提示しましたが、当事務所が依頼を受けて裁判を起こし、最終的に285万円で和解しました。