交通事故に遭われた皆様へ

はじめに

交通事故で亡くなった被害者のご遺族の方々や、怪我をされ後遺障害を負った被害者の皆様。心よりお悔やみ申し上げます。
 被害に遭われた苦しみは大変なことであろうと思います。その苦しみに加え、収入が途絶えたり、あるいは減ってしまったため、将来に大きな不安を抱えていることと思います。このような状況であれば、事故を起こした加害者に対して損害賠償を請求したいと考えるのは当然のことです。

示談書にサインする前に!

 もっとも、実際は加害者側が加入している任意保険会社の担当者が示談交渉の窓口となり、こちらから特に請求しなくても示談書を持ってきて、「このたびはご愁傷様でございます。ご遺族の方にお支払いできる金額は、基準では○○円となります。」とか「おたく様の怪我の程度からしますと、、基準では○○円です。」と説明して、あなたに「これにハンコを押してください。」と署名・押印を求めてきます。
 ここで、たいていの方が「そんなものか…」と思って、示談書にハンコを押してしまいますが、保険会社が提示する示談金額が低い場合がありますので、要注意です
 もし、あなたが不用意に示談書にハンコを押すと、大変なことになってしまいます。

不当に低い金額で示談しないためには!

 では、保険会社が提示する示談金額が低いとは、どういうことでしょうか?

 一言で言えば、保険会社が提示する示談金額は、一般的に裁判所で本来認めてもらえるはずの金額より低いため、ここでハンコを押してしまうと、裁判所で本来認められるはずの金額よりも低い金額しか賠償してもらえないということになってしまうのです。

 これは、保険会社が被害者の方に示す示談書の金額(保険会社基準)は、我が国の裁判所が認めている正当な賠償額(裁判所基準)よりも低いためです。

保険会社との交渉は容易ではありません!

 裁判所基準と保険会社基準が違うことはご理解いただけたでしょうか。

 次に、それではあなたが保険会社から提示された示談書にハンコを押すのを思いとどまったとします。しかし、だからといってすぐに裁判所基準の正当な賠償額がもらえるわけではありません。保険会社は、裁判所基準での示談には応じないことが多いからです。

 では、どうすれば裁判所基準で損害賠償を請求できるのでしょうか?

 まず、一番確実な方法は、裁判を起こすことです。裁判であれば、損害賠償額は裁判所基準で決めてもらえます。しかし、裁判には法律の知識が必要なのはもちろんのこと、交通事故訴訟は科学的、医学的専門的知識を要します。ですから、一般の方々が交通事故の損害賠償請求訴訟を自分ですることは容易ではありません。

損害賠償の請求は弁護士に頼んだほうが安心です!

 裁判所基準で加害者に損害を賠償してもらうには、弁護士に依頼するのが安心です。弁護士に依頼すれば、交渉や裁判は全て弁護士が代理しますので、被害者の方は治療やリハビリに専念でき、精神的・肉体的な負担を軽くすることができます。
 また、弁護士は過去の裁判例や損害賠償の法律理論を駆使して、保険会社と交渉しますので、多くのケースで金額がアップします。

費用倒れの心配はありません!

 そうはいっても、交通事故と一言で言っても事案ごとにケースバイケースなので、弁護士に頼んだら必ず金額が上がるかといえば、残念ながらそうとはいえません。そうすると、もし依頼する前と金額が変わらなかった場合、弁護士費用だけがかかって手元に入るお金が減ることになってしまい、何のために弁護士に頼んだのかわからなくなります。

 そこで、当事務所では、弁護士に依頼しても金額の増加が見込めない場合には、相談の段階でお知らせし、費用倒れにならないよう配慮いたします。

相談が遅くなると手遅れに…

 もっとも、弁護士に相談する時期は、示談する前であればいつでもいいというわけではありません。事故直後に病院で検査を受けなかったため、後遺障害が認められないケースもあるからです。

 私が以前担当した事件では、手首を怪我した被害者が事故から半年が経過してから初めてMRI検査を受け、MRI画像には異常所見が認められましたが、相手方の保険会社は、「事故後半年の間に手首を痛めたに違いない。」と争ってきた事案があります。

 また、事故態様や過失が争いとなる事案では、早期の証拠収集が大変重要となります。これも以前に私が担当した事件ですが、事故で壊れたバイクを被害者の家族が捨てようとしたところに、幸運にも捨てる前に相談に来られ、バイクは証拠となるから捨てないようアドバイスをすることができました。後に裁判となり、バイクのスピードが争点となりましたが、バイクが残っていたことから、その破損状況から衝突時の速度を割り出すことに成功しました。

 ですから、交通事故後できるだけ早い段階で相談しないと、後に裁判となった場合に手遅れとなるおそれがあるのです。

きちんと損害を賠償してもらうためのポイント…早めの相談!

弁護士費用は…

 初めて弁護士に事件を依頼する場合、一体いくら費用がかかるのか不安に思う方が多いようです。

 そこで、当事務所では、相談の段階で、事前に弁護士費用の見積りをお渡しいたしますので、安心して依頼できます。
 なお、当HPを見られた方は、初回相談料無料で相談に応じますので、お気軽にご相談下さい。

弁護士費用の詳細はこちら

初回相談料は無料です!